田舎暮らしの行政書士ブログ

僻地でただ一人、シンプルに開業してます。

TOP

カテゴリ: 行政書士

 私もかつて受験した行政書士試験。かねてから、「実務と試験内容との間に乖離がある」と言われていました。
 しかしまあ、実務を重ねていくほどに、行政書士試験がなぜあの内容なのか、「なるほどなあ」と思っていく行政書士は多いのではないでしょうか。
 例えば、行政書士業務の一丁目一番地、許認可申請をやるには、行政書士試験に出題されるレベルの民法、商法、行政法等の知識および、社会の一般知識が必要かつ、それで十分な内容となっております。

 例えば建設業許可や農地法第5条許可などであれば、
 
【基礎法学】
 法律文書の読み方、書き方(特に「又は、並びに」等の正確な使い方など)の基礎
【憲法】
 人権(特に経済的自由権や幸福追求権)
【民法】
 代理の概念、契約(売買、請負、贈与、賃貸借、使用貸借、委任)、法人の概念、行為能力、親族法、相続法、抵当権などの担保物権、物権変動などの基礎知識
【商法・会社法】
 支配人、取締役、株式、資本金、分割、合併、持分会社、有限会社などの基礎知識
【行政法】
 一般原則、行政手続法
【一般常識】
 社会保険、会計、金融の基礎知識、理由書・始末書・上申書等を作成するための高校卒業程度の国語能力
 
 などなど、どうですか。実務には直結しないものの、ちゃんと試験内容と申請に必要な最低限の知識がリンクしてますでしょ?(ただしプロとしてやるにはこれだけでは不十分なので、さらに業務に精通する必要はありますが)。

 許認可にかかる申請書や添付書類については、これらの法律知識等を申請者が理解していることが前提になっています。
 これらは行政書士試験合格者なら当然、最低限担保されている能力ですが、全ての一般国民が標準的に身に着けている知識、能力とは言えないものです。

 行政書士試験は考えられた良い試験だと思います。
 ただ、取り扱い業務に関わらず開業後に必ず自分で勉強する必要がある分野として、まず行政書士法、そして税法(特に贈与税、相続税、固定資産税、印紙税)、商業登記法、戸籍法、住民基本台帳法、公正証書の知識、また扱うケースが多いものとして、借地借家法、農地法、都市計画法、建築基準法、不動産登記法あたりは宅建レベルでも出題されるといいのかなと思います。

 まあもちろん、自分が合格した後だから言うのですが。

(この記事は4/11に福島民報「民報サロン」に掲載された文章の原文です)

 つい先日のことです。ある日の夕方、中通り地方の道の駅に車を停めて休んでいたところ、「(この辺りでは)珍しいナンバーなので」ということで、生まれて初めてあの「職務質問」を受けてしまいました。
 私は10代から20代にかけて10年くらい東京に住んでいましたが、警察官の方が声をかけたくなるようなオーラが出ていないのか、これまで一度も職務質問にめぐり合うチャンスがありませんでしたので、「あっ、ついにこの時が来た!」と内心わくわくしました(笑)。
 学生時代の刑事訴訟法の先生によれば「私は何度も職務質問を受けているが、別に恥ずかしいことではないよ」とのことでしたが、衆人環視の中、後部座席の布のふくらみを指摘されて「これをちょっと剥ぐってみて」と言われ、中に「隠し持っていた」昼寝用の長座布団を見せるというのは、それはそれは恥ずかしかったです。
 このいわゆる「職務質問」は、警察官職務執行法という法律で認められた警察官の職務権限のひとつで、これまで数々の重大事件解決の糸口となっており、われわれ善良なる市民としては協力したいところですが、しばらくはご免ですね!
 あわせて「もう警察のお世話にはなりたくない」と言いたいところですが、行政書士にとって警察署は日ごろ仕事でお世話になっている代表的な官公署の一つです。

 警察署というと、「逮捕」や「家宅捜索」などのキーワードに代表される刑事手続きを行なう役所を想像しますが、一方で、行政手続きの窓口となる一般的なイメ―ジの行政機関としての顔も持ち合わせています。
 例えば、リサイクルショップや古着屋などの古物商を始めたいとき、またはゲームセンターなどの遊技場(かなり古い言い方ですが)やキャバレーなどの接待を伴う飲食店など、いわゆる風俗営業で開業したいときなどは警察署が担当窓口になります。
 また道路を使ってイベントなどを行いたいときの使用許可や、自動車の運転免許、交通事故や交通違反の処理などの道路交通関係、そして犯罪の被害にあった場合に加害者に対し処罰を求める刑事告訴や告発などももちろん警察署の取り扱い業務です。
 警察署に対するこれらの手続きに関しては法律や規則の取り扱いが大変厳格に行われ、また中には複雑で難しい案件もあることから、われわれ行政書士にとっては腕の見せ所になります。

 さて先日の職務質問。その日はプライベートな移動でしたのでウィンドブレーカーにニット帽、そして花粉症対策のマスク姿だったのですが、一部仕事絡みだったのでつい「仕事で来た」と言ってしまい、「仕事でこんなところまで来るの?どんな会社?」と、その後もやんわりとした追及が続いたので、渋々、行政書士の身分証明書を呈示して無罪放免となりました。
 この間、およそ5分。「時間を取らせて申し訳なかったけど、こういうのはお願いせざるを得ないんですよ」と、警察官の方の弁。
 いえいえ大丈夫ですよ。日本の治安はこうした地道な警察活動の積み重ねで維持されているのを実感すると共に、相手の矛盾点を短時間で見つけ出してズバッと突いた、ベテラン警察官の巧みで鍛えられた質問技術に敬意を表します。

 毎年10月は行政書士制度の広報月間です。
 当事務所においても行政書士のPRを兼ね、近隣の高校のご依頼で、私のライフワークというか、代名詞ともいえる「選挙と政治への参加」を主なテーマに講演(出前授業)をさせていただきました。高校生の方を対象にしたセミナーは、今年の7月以来、2回目となります。

前回の様子はこちら



22519822_748061732057822_5526135058380295053_o

22519492_748061802057815_7202037276955587158_n

( 画像提供:金山町)

 今後も行政書士制度の認知拡大と社会貢献に努めて参ります。

 この度、小職が地元自治体の総合戦略策定・検証委員会のメンバーに選ばれました。

 国の交付金事業を実施するにあたり、事前に数値目標を定め、終了後にそれについて実際にどのくらい達成できたのかを公正な第三者機関による評価を受けるというルールによるものです。

 われわれ行政書士は一般には書類作成(とそれに付随する調査業務)を業としていますが、法律で定められたそれらの業務のほかに、いわゆる法定外業務があります。
 それぞれの行政書士が持つ、得意分野、専門知識、または経歴を生かしたものであれば、例えば、成年後見人や調停委員等への就任、法教育、裁判外紛争解決手続きなどですが、地方自治、地方創生の現場では、たとえ専門分野ではなくても、一定の見識を有する地域の人物で構成する第三者機関を置く、ということが広く活用されています。
 行政書士も資格に担保された守秘義務や公正性、倫理観を期待され、また何より地域をよく知る立場ですから、このようなポストにつかれている方も多いのではないでしょうか。実際、弊所でも自治体から、調査業務や非権力的な事務の委託、会議のメンバー就任などの要請を受けております。

 このような役割を地域で果たすためには、業務について研鑽を積むのはもちろん、登録時に全ての行政書士に渡される「行政書士倫理綱領」の日々の実践が大切なのだと思う次第です。つまり立ションなどもってのほかです(倫理上はもちろん、犯罪として罰せられます)。


【参考】

「行政書士倫理綱領」監修:文学博士 金田一春彦 先生

行政書士は、国民と行政のきずなとして、
国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献することを使命とする。

1、行政書士は、使命に徹し、名誉を守り、国民の信頼に応える。
2、行政書士は、国民の権利を擁護するとともに義務の履行に寄与する。
3、行政書士は、法令会則を守り、業務に精通し、公正誠実に職務を行う。
4、行政書士は、人格を磨き、良識と教養の陶冶を心がける。
5、行政書士は、相互の融和を図り、信義に反してはならない。

 残暑お見舞い申し上げます。

 さて現在、事務所では「特定行政書士」の認定取得を目指すべく、取り組んでおります。
 近年、法律資格は「2階建て」が流行っていまして、どういうものかというと、資格者に研修を受けさせて、もう一回試験を行い、合格者にそれぞれの資格に応じた弁護士業務の一部を取り扱えるようにするという制度です。行政書士の場合は、それが特定行政書士ということになります。

 特定行政書士に付与される新たな職務権限は、具体的には「行政不服申し立て」の代理です。
 そうです。今までは出来なかったのです。僕なんかはこれはすごいインパクトかと思うのですが、行政不服申し立て自体、あまり活用されていない制度であるというのに加えて、あらかじめ行政書士が関与したものに限られること、また受講料がやや高額なのであまり人気がないようです(「あらかじめ行政書士が関与」していない審査請求とは、例えば交通違反への不服申し立てなどでしょうか)。

 ところで、「そもそも行政書士は、申請前に十分な協議の段階を踏むので、許可が取れないような申請の仕方はしない」というような話がよく上がります。
 しかし、「これでは法律上の要件を満たさない」とか、「この書類では証拠にならない」といった、事実関係とか法解釈について行政側と認識の違いがあって、どうしても理解して貰えない場合や、手続き上の不備(要件を満たさない合議体による瑕疵のある処分など)で納得いかない場合に、第三者機関や上級庁の判断を仰いで欲しい、という場合もあるんじゃないかと。

 事実、現場の行政窓口では可否判断を法や規則に求めず、上級庁から配られた「手続きの手引き書」に沿うという運用ですので、そこに例示されていない添付書類や、先例がないものは「(ここに書いてないから)だめ」となることは少なくないです。
 単に書類の書き方を変えたり、追加で出せる書類があればOK、ということなら、依頼者の利益を考えてこちらが折れることもありますが、それが不可能であったり、時間がなかったり、過大な負担を強いられるような場合は、「どうしてもこれで通したい」と思うこともあります。
 そうなったときに、依頼者に「ここからはタッチ出来ないのであとは弁護士さんに頼んでください」では仕事にならないし、やっぱり情けないです(ただし実務上は、任意で本庁などに確認して貰う「事実上の審査請求」はこれまでもありました)。

 決裂したときの「不服申し立て」の武器を懐に持つか持たないかで、申請や協議に臨む心持が最初っからけっこう違う気がしますがどうでしょうか。


(追記)無事、平成29年11月15日付で特定行政書士となりました。

 昨日は地元の高校生の皆さんの前で「出前授業」を行いました。

 今国会で可決成立した改正民法では見送りとなりましたが、いずれ訪れる18歳への成人年齢の引き下げと、都会に出たばかりの若い人がつかまりやすい悪徳商法、クレジットカード、サラ金トラブルのお話などを1時間。

 進学や就職で都会に出るとほぼ全員が「特定商取引」を体験すると思います。僕もそうでした。もう引っかかる引っかかる。いい大人になっても情に訴える奴には引っかかります。成人になると、有効に成立した契約については嫌でも支払いなどの義務を果たさなければなりません。
 未成年の時と違って、親が取り消してくれることはないのです。だから詐欺手口やトラブルが多い取引事例について、事前に知っておくと知らないとでは大きな違い。
 キャッチセールス、詐欺まがいの新聞勧誘、クレジットカードの利用の仕方、サラ金の苦しみなど、私のそれなりに豊富な経験も交えてお話しさせていただきました。

 リボ払いは気を付けないと本当に怖いよ!


 最後は「選挙に行こう!」のライブで締めました。


                    

 開業の記念に、事務所の名入りの印鑑ケースを作りました。正直、「やってしまったな」という感じはあります。

 販促用のノベルティー商品というのは安っぽいのが多いのですが、検討に検討を重ねて一番高級感のあるやつを選びました。文字も黒地に金色で無駄にゴージャス。

30394531.jpg

 事務所びらきにご参加いただいたお客様への返礼品としてお配り致しました。
こういう自己満足的なものは、あまり誰も喜ばないかも知れませんが!

 この印鑑ケースは普段使いの認印の他にもう一本、太目の実印も入ります。

88f1eb1e.jpg

 実印を押すような大事な場面では「本当に大丈夫かな?」と少しでも思ったら、ハンコを押す前に蓋に書いてある電話番号にご相談下さい、というメッセージを込めた品物です。

 お役に立てますように。

 平成29年5月27日、事務所近くのホールをお借りして事務所開きを行いました。


ad27c969.jpg

 町長さんをはじめ、町の様々な立場の方や、出身の新潟からも合わせて30人ほどの方にご出席いただき激励をいただきました。

 事務所といっても僕1人の小さい事務所ですので、お忙しいところをおよび立てして催しをするのは大げさだと思われるかも知れませんが、私は新潟から福島に越して来て3年になりました。まずはこれまでの生活や仕事を支えていただいた皆様への感謝の気持ちをお伝えする場を作りたかったこと。
 そして、今後のあり方について皆様にお伝えする機会をぜひ作りたいと思っており、時節柄、田植えの忙しい時期ではありますが、登録後出来るだけ早期にと思い、この度は無理を押して開催させていただきました。


d8257c5e.jpg


 行政書士の制度の概要と事務所の取扱業務などの案内を行った後、芸人の友達や、ミュージシャンが盛り上げてくれ、また僕も最後に一曲歌わせていただきました。


c528f846.jpg


79ea68fd.jpg


 皆様の前で決意表明が出来た良い一日でした。

 ご多忙中にもかかわらずご参会いただいた皆様、また激励、お祝いを頂戴した皆様、まことにありがとうございました。

大志

  すばらしいでしょ、この風景。

  会津地方最大の都市、会津若松市からおよそ60キロ、車で一時間の場所にある楽園です。全国の田舎の例に漏れず、高齢化と過疎に悩むこの楽園ですが、近隣町村も含めて、行政書士、司法書士がほとんど居ない、いわゆる「ゼロワン地域」です。
  何か困ったことが起きた時でも身近な人に気軽に相談できる環境は無く、都市部まで前述の距離をわざわざ出て行かなければなりません。
  またここは有数の豪雪地帯でもあり、また、車の運転免許を返上していたり、都市での運転を苦手とする高齢者が多い土地です。
  そして、深刻な問題を抱える空き家の利活用を柱にした都市部からの移住促進策は地域の活性化に欠かせません。
  そこで、イベントで地域おこしをしてきた僕が、この場所でやる新たな地域おこしが行政書士業務です。先日、5月のオープンを目指し登録申請を行いました。現在は連合会にご審査をいただいているところです。

  審査待ちに平行してテンションを上げながら開業準備中です。お茶とお菓子をご用意してお待ちしておりますので近くにおいでの際はどうぞお立ち寄りください。

 これ好きなんです。

 いつの頃からか些細なことに感動したり、涙が出やすくなって来てはいるけど、今日、最高裁のHPで裁判員制度の広報CMを見て感動して涙が出た時にはさすがに自分でもびっくりしました。

   
                   


「正しさを求める気持ちは、きっと変わらない」。

 良いコピーじゃないですか!

 「選挙に行こう!」を作った趣旨も結局はこういう原始的な気持ちに帰結するのだけど、説得力とか分り易さとか、なにより感動という点でいい物を見た気がします。

 1曲作れそうなこのタイトルも好きです。教室の後ろに貼ってある習字が「正義」「真実」「思いやり」というのもディティールとして深いですね。凝ってます。

このページのトップヘ